日本バイオハイテクノロジーズ JBHI  ホームページ内検索 
 

服薬アドヒアランス ソリューションズ 日本バイオハイテクノロジーズ JBHI

服薬アドヒアランス管理評価システム

 Drug Adherence Solutions

     株式会社 日本バイオハイテクノロジーズ JBHI

服薬アドヒアランス管理評価システム

・RFIDタグ内蔵ボトルキャップ eCAP® 自動服薬記録システム
・RFIDタグ内蔵ブリアスター包装 Med-ic® ECM® 自動服薬記録システム
・アドヒアランス評価ソフトウエア

adherence,アドヒアランス,JBHI,Med-ic,ECM,アドヒアランス,日本バイオハイテクノロジーズ

 

Med-ic® ECM®  ブリスター包装薬剤用アドヒアランス記録システム

 Information Mediary Corp.(IMC社)は医療のアドヒアランス(服薬遵守:adherence)問題に対する対策を専門的に研究開発して きました。そこで Med-ic® ECM®(電子式アドヒアランス・モニター)という医療用のRFIDタグを開発しました。このMed-ic®ECM®は簡単に既存のプリスター包装に付加でき、被験者または患者様は通常通りにプリスター包装から錠剤を取出すだけでその服薬時間と回数を正確に記録します。次回受診する際や薬局で投薬を受ける際に、包装を医者や薬剤師に渡して使用済包装を専用リーダーで読み込むことにより、包装に記録されたデー タを内蔵タグから読取り、服薬データかを簡単にダウンロードできます。患者様の服薬コンプライアンス情報が一目でわかり、このデーターに基づいた指導が可能となります。ノンコンプライアンス患者に集中し、正しい服薬習慣やコンプライアンスの重要性を認識するように、アドヒアランス向上のために指導、教育することが可能となります。
 

服用量、服用時間の正確なモニタリング

 患者様への服薬遵守は病気治療においてクリティカルとなるケースがあります。特に高齢者の自宅での服用においては正確に追跡しにくいのが現状です。
 慢性疾患者での薬剤療法管理が必要な高血圧や鎮痛においては、医者や薬剤師はノンコンプライアンスの患者を対象とした改善教育を行うことが可能となります。薬を正確に服用した後の精度の高い効果検証に寄与します。
 

治験における正確な服薬追跡

   Med-ic® ECM®はどのような臨床環境にも適応できる服薬追跡システムです。臨床治験のプロジェクトなどにおいては被験者の服薬アドヒアランスを高めることが極めて重要です。 Med-ic® ECM® は服薬量と時間を正確に記録できる電子式アドヒランス記録システムです。
アドヒアランスモニター  日本バイオハイテクノロジーズ  JBHI

 

Med-ic服薬管理システム(電子タグ内蔵)

image2-1.jpg image1.jpg s__1884240.jpg image2.jpg image3.jpg image3-1.jpg s__1884240.jpg sertiscan.jpg

専用のリーダーにより、Med-icまたはeCAPに内蔵された小型バッテリー内蔵のRFIDタグに記録された服薬情報を専用のリーダー(CertiScan)で読み込み、パソコン画面で詳細を確認できます。CertiScanに付属する専用ソフトウエアでアドヒアランスを評価します。これにより、患者様のアドヒアランス不良を一目で確認できます。アドヒアランス追跡は新薬の治験段階においては薬効を正確に評価する上で重要なデータとなります。

電子式アドヒアランスモニターの結果 Med-ic ECM eCAP IMC JBHI電子式アドヒアランスモニターの結果 Med-ic ECM eCAP IMC JBHI

ソフトウエアのカレンダー表示では、患者様のアドヒアランスの良/不良を色分けにより一目でチェックできます。また、個々のデータについては服用時間も含め、詳細に検査できます。

日本バイオハイテクノロジーズ の電子式アドヒアランス評価管理システム JBHI日本バイオハイテクノロジーズ の電子式アドヒアランス評価管理システム JBHI

患者様毎にコンプライアンス評価値の一覧を見ることができます。

 
アドヒアランス_評価システム
SertiScan JBHIの服薬コンプライアンス装置
アドヒアランス評価システム JBHI 日本バイオハイテクノロジーズ

 CertiScan®13.56MHz RF リーダーの紹介

 Med-ic® ECM®やeCAP®に内蔵されたタグに記録された情報は CertiScan®13.56MHz RF リーダーを通して関係者のコンピューターにデータをダウンロードし、服薬情報をグラフィカルに表示することができます。
 CertiScan®リーダーは、直感的で簡単に読み取れるグラフィカル・ユーザー・インターフェスにより(GUI)により、患者様のコンプライアンスデータを日別から年別に表示することができます。
 CertiScan®リーダーは、コンプラインス・データの電子記録を格納するのに安全な専用検査データファイルを使用し、セキュリティー強化しています。Med-ic検査データファイルは CSV(コンマ区切り)形式または XML レポートファイルとしてエクスポート可能ですので、MS-Excel のようなスプレットシート・ツールでの表示も行うことができ、学会発表、論文作成やレポート作成に便利です。 

IMC社 CertiScan アドヒアランス e-CAP のリーダー JBHI 日本バイオハイテクノロジーズ
        CertiScan
アドヒアランスモニター  e-CAP JBHI 日本バイオハイテクノロジーズ

  eCAP& bottle

服薬アドヒアランスモニター  e-CAP 38mm JBHI 日本バイオハイテクノロジーズ
         eCAP
服薬アドヒアランス 電子式モニター  MED-ic  IMC社 JBHI 日本バイオハイテクノロジーズ
         Med-ic

eCAP(スマートキャップ)はこちらをクリックしてください。

 
病院患者様へ
 個人でご使用をご希望の際は、最寄りの調剤薬局にお問い合わせください。スマートフォンによる簡易管理システムも近日中に公開いたします。

KEY WOED: アドヒアランス, 服薬, コンコーダンス, adherence, コンプライアンス ,compliance

資料のダウンロード

eCAPパンフレットはこちらからもダウンロードできます。

ダウンロードはこちらをクリック


アドヒアランスとは? (drug adherence)

世界保健機構(WHO)はアドヒアランス(adherence)を、「患者の行動が医療従事者が提供した治療方針に同意し一致すること」と定義し、以前から使用されているコンプライアンスとの違いとして、患者の治療方針への参加や医療従事者とのコミュニケーションを重要視したものあるとしている。
 つまり、コンプライアンスは医療従事者から一方的な指示を遵守しているかを評価するものであり、アドヒアランスは医療従事者と患者が十分なコミュニケーションを取り、双方が同意して決定した治療方針に対しての患者の遵守をみるものである。


1日3回の投与時の平均的アドヒアランスは?

投薬が1日3回の場合の平均的アドヒアランスは、なんと約65%。1日1回投与の場合でも8割程度しかありません、飲まなかった薬はそのまま貯留し、飲まれないまま廃棄されることも多いかと思われます。ジェネリック医薬品の利用も重要ですが、アドヒアランス不良では治療効果が出ないなどの問題で、さらに強力な薬剤による治療へと移行するリスクもあります。また、薬の種類が増えることによっても、前述のアドヒアランス成績がさらに低下することも明らかとなっています。ポリファーマーシーとアドヒアランスは相反する関係にあります。

参考文献:Claxton AJ, et al. Clin Ther 2001; 23: 1296-1310


ボトル容器にRFIDタグを内蔵したeCAP® と ブリスターパック方式のMed-ic® ECM®の2つのソリューション

 患者様の長期に渡るアドヒアランスを評価するためには、コスト面のファクターも重要となります。包装の一方の面が柔らかく、そこを破ってヒートから薬を出すブリスターパックでは約30箇所のくぼみに薬剤を入れ、シールすることが可能ですが、一度使用すると再使用はできません。Med-ic®の場合、服薬コンプライアンスの厳格な遵守(服薬遵守)が求められる場合に、特に治験のフェーズでの有用性が特徴です。すなわち、1箇所のブリスターパックの穴に、1回に服用する複数の錠剤やカプセルをいれて使用するため、1回分の薬剤を取った日時が正確に記録されます。
 一方、ボトル仕様で用いられるeCAP®は、キャップに内蔵した複数のセンサーにより、ボトルキャップを開けた日時がIDタグに自動記録されます。したがって、ボトルをCertiScan®リーダーでデータを読み取った時点の残薬数を調べることにより、アドヒアランスをさらに詳細に評価することか可能となります。
 メーカーが保証しているe-CAP®の作動時間は90日となりますが、本製品を1年間は使用せずに放置しておいても、利用開始日が購入から1年以内であれば、利用期間中の90日はメーカー保証期間となります。内蔵バッテリーは十分な容量を有していることから、通常の室内保管温度であれば、保証期間中にバッテリー切れとなることはありません。(メーカーの動作保証)


ノンアドヒアランスの社会的影響と過剰な医療費

 2006年にReginsterは、骨粗鬆症でビスホスホネートを服用している患者のアドヒアランスと、治療と医療資源に対する影響について報告しています。1986年の米国ではノンアドヒアランスの結果として入院治療費が85億ドル増加し、その結果入院して仕事を休んだことによる損失は170 ~ 250億ドルと試算されています。
 また、2009年にはNoensらは慢性骨髄性白血病(CML)患者のアドヒアランスを解析し、報告しています。イマチニブ投与患者169名中、アドヒアランスを完全に維持したのはわずか14%、また71%は規定量より少なく服用しており、15%は規定量より多く服用するといったノンアドヒアランスを報告しています。
 ノンアドヒアランスがいかに過剰な医療費を生み出しているか、今後日本でも大きな問題となって議論されることと思います。
 参考文献:経口抗腫瘍療法におけるアドヒアランス 


ノンアドヒアランスと復帰時の薬効増強

 長期処方薬の場合、代謝系の活性化によって薬剤の血中半減期が徐々に早まることは一般的に知られている。こうした中、一時休薬したあとの当初処方量の服用を行なった場合、薬効や副作用が強く出現することがある。医師、薬剤師は患者のこうした行為にも十分注意し、薬効増強や副作用の発現にも留意しなくてはならない。患者申告をそのまま信頼するエビデンスのないアドヒアランス評価のみでは、その制度にも限界がある。